<< こい太郎ミュージカルレポート/その2 | main | 兄の結婚式/その1 >>
こい太郎ミュージカルレポート/番外編
「こい太郎こばなし」



中国の黄河上流に、「竜門」という急流があり、
そこをのぼったコイだけが、竜に姿を変えて天にのぼる
というお話があります。
そのことからも、コイが滝をのぼるさまを描いた絵は、
子どもの健やかな成長を願う縁起のよいモチーフとしても有名で、
今回の作品では、その滝の姿を、お母さんの産道にたとえ、
新しい命が勇気をふりしぼって産道を駆け上る様を重ね合わせて
描きました。





「うまれてこい太郎」は竜の赤ちゃんが、
おかぁさんのもとに生まれてくるまでを描いた作品なのでした。
コイではなかったんですね〜。

新しい命が生まれる時、おかぁさんも大変だけど、生まれてくる子も、
きっとがんばってきてくれたんだろうな。
そんな思いをむねに、ミカさんがお話をつくってくれました。
今後絵本化も含め、この作品でも様々な活動がしていけたらなと
思っております。
また改めて、ホームページの中で、作品紹介をさせていただきます。
ぽぽつくとともに、こい太郎をよろしくお願いいたします。
カテゴリ:公演レポート | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック